個人用と法人用の印鑑の違い

Filed in 法人用Tags: , ,

印鑑には、大きくわけて2種類あると思います。
一つは個人用の印鑑で、もう一つは法人用の印鑑です。
個人用と法人用の印鑑の違いは、いったい何が違うのでしょう。
個別の印鑑の種類は同じだと思います。
個人の規模と法人の規模は違うので、責任の大きさが全く違うことです。
後は、印鑑のデザインや印材も若干ですが違いますし、書体は個人と法人では見た目も全然違いますからね。


殆どの人は、個人用しか使いませんから、法人の印鑑と聞いてもピンとこないと思います。
法人の印鑑を持っている人でないと、わかりませんからね。
印鑑に本当に詳しい人は、ほんの一握りの人達だけだと思います。
印鑑がもっと身近に、使い捨て状態になればわかるかもしれませんが、印鑑を使わない人は全然わからないのが当たり前です。
使い捨て印鑑があったらどうでしょう。考えてみると今は何でも使い捨てが多いですが、印鑑が使い捨てになったら大変なことになりますよね。
最近の印鑑は、値段がかなり安くなっています。
こんなに安くて大丈夫なのと、心配になるぐらいです。
昔は、印鑑は高くて当たり前でしたからね。
時代と共に変わってきました。この安さでは対抗できなくて、最近ハンコ屋さんの店舗が無い気がしますね。
以前は、よく見かけていた気がします。
何の業界もそうですが、競争が激しくなってきました。
いかにどう生き残れるかの時代です。
印鑑は無くなることは無いにしても、安い印鑑がたくさん出回ると経営も大変になってきますよね。
購入する側は、値段が安いにこしたことはありませんが、値段重視の人の割合が多いか少ないかわかりませんが、印鑑はどれも大切な物だと私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>